博多ポートタワー / ベイサイドプレイス博多 
博多ポートタワー
博多埠頭、ベイサイドプレイス博多に隣接する、高さ100mの赤い塔「博多ポートタワー」は博多港のシンボルです。 1964年に「博多パラダイス」という大レジャーランドの目玉施設として造られ、 その後1976年に博多湾PRセンターとして開放されました。

高さ70mの所に展望室があり、博多市街や志賀島方面、百道方面などを360°見渡せます。
1階には「博多港ベイサイドミュージアム」があり、 博多港が果たしている役割を楽しく学べるミュージアムとなっています。
「博多ポートタワー展望室(最終入場21:40)」「博多港ベイサイドミュージアム(17:00まで)」のどちらも 入場料は無料です。

また、展望台の上のフロアには「博多港国際VHF海岸局」があります。 これは船専用の無線局で、双眼鏡やレーダーを使って博多湾を監視しています。

 ▲ ベイサイドプレイス博多前から写す

 ▲ 入口に飾られているランプ

 ▲ 博多港ベイサイドミュージアム


博多ポートタワーの設計は、東京タワーや2代目通天閣なを手掛けた建築家・内藤多仲氏です。 彼が戦後設計した6つのタワーはタワー六兄弟と言われ、博多ポートタワーは最後に完成した為、 タワー六兄弟の末っ子と呼ばれる事もあります。 内藤氏は「塔博士」とも呼ばれました。
九州にあるのは「博多ポートタワー」と「別府タワー」です。
内藤多仲のタワー六兄弟
「札幌テレビ塔/147m/昭和32年」
「東京タワー/333m/昭和33年」
「名古屋テレビ塔/180m/昭和29年」
「2代目通天閣/103m/昭和31年」
「博多ポートタワー/100m/昭和39年」
別府タワー/100m/昭和32年」


 ▲ 右下に写っているのがベイサイドプレイス博多


 ▲ 福岡タワーやマリノアの観覧車まで見える
ベイサイドプレイス博多
博多埠頭にある複合施設で、博多埠頭第1ターミナル、アクアリウム、飲食店、雑貨店や生鮮市場などが入っています。 オープン当初からある巨大なアクアリウムは、直径9m、高さ8mのタワー型水槽で、 サメや熱帯魚など様々な魚たちが泳いでいます。 また、博多湾クルーズ船「マリエラ」の発着も博多埠頭第1ターミナルから行います。

この第一ターミナルとテナントからなる複合施設「ベイサイドプレイス博多」を中心に、 隣接する 第二ターミナル、 博多ポートタワー、みなと温泉 波葉の湯 など博多埠頭にある全ての施設を総称して、 「ベイサイドプレイス」と呼びます。

1991年に第三セクターのサン・ピア博多により開業しましたが、2005年に経営破綻し、 現在は株式会社ベイサイドプレイス博多により営業されています。

 ▲ アクアリウム

 ▲

 ▲

 ▲ マリンメッセ福岡から見たベイサイドプレイス博多
page top 
博多近郊のお宿 博多関連商品 information
博多都ホテル
博多駅より徒歩1分! 観光やビジネスの拠点に最適なシティホテル。 JR博多駅・筑紫口(新幹線口)、地下鉄空港線の博多駅・東5番出口、いずれからも出て直ぐ正面にホテルがあるので初めてお越し方でも迷うことなく、夜遅いご到着でも安心です。
WITH THE STYLE
「ホテルで遊ぶ」大人のスモールラグジュアリーホテル 洗練された16室の客室には心地良い眠りを約束する最高級のベッド&リネン。風にそよぐパームツリーを臨むテラスを全室に。オールフリーのミニバーなど解放された時間を満喫できる数々の楽しみをご用意。
辛子明太子やまや
ピリッとした辛さにの中にほわっとした柚子の香りが上品な味わいの美味は、創業者山本秀波のこだわりが息づく、やまやの人気ナンバー1の商品。 やまや独自の「168時間熟成」から生まれる、奥深くまろやかな風味をぜひご賞味ください。
博多ぶらぶら
第十九回 全国菓子大博覧会 内閣総理大臣賞受賞!  左衛門 博多ぶらぶら。 素材の素朴な味を生かした博多の名物土産! あんにたっぷり包まれたやわらかいお餅!一口食べればわすられぬ〜♪
BIGLOBE
【BIGLOBE WiMAX】・【BIGLOBE LTE・3G】申込み募集。
博多ポートタワー DATA
住所福岡市博多区築港本町14-1
電話番号092-291-0573
時間10:00〜22:00(入場〜21:40)
料金無料
休業日年中無休
公式HPhttp://www.port-of-hakata.or.jp/
備考

大きな地図で見る
近隣 SPOT 関連 LINK
BACK    HOME    PAGE TOP
last visited : 2013/03/11