旧海軍赤江飛行場の掩体壕 

 ▲ 宮崎空港滑走路横に現存する3基の小型掩体壕。右側から通称5号基、6号基、7号基
旧海軍赤江飛行場の掩体壕
現在の宮崎空港(宮崎ブーゲンビリア空港)の前身は、 日本帝国海軍赤江飛行場でした。
1943年に陸上攻撃機の練習航空隊・宮崎空として開隊した後、 訓練基地や中継基地として、そして前線基地として使用されていきました。 1945年に米軍の沖縄上陸が確実になってくると、 特別攻撃隊及び雷撃隊の出撃基地となりました。

当時は「赤江飛行場」と呼ばれていたこの周辺には、 70年余り経つ現在もなお、幾つかの遺構が点在しています。
中でも大型の遺構として、7基の掩体壕と、4基の弾薬庫が残っています。
7基の掩体壕は2ヶ所に分かれており、本郷地区の住宅街に4基の中型掩体壕 があり、 宮崎空港の滑走路と一ツ葉有料道路間の田畑に、3基の小型掩体壕があります。

 ▲ 通称「6号基」と呼ばれる掩体壕と、宮崎空港の旅客機

 ▲ 田んぼの中にある通称「5号掩体壕」へのアプローチ
今回ご紹介するのは、宮崎空港滑走路脇にある、3基の小型掩体壕です。 宮崎空港の航空機の離着陸のときや、一ツ葉有料道路を走っているときに、その姿を見ることができます。
しかし、この掩体壕に近づく道を見つけるのに苦労しました。 「弾薬庫跡」の近くで滑走路の横である事は分かっていましたが、 車で探そうとしたのが失敗でした。
結局、「山内川緑地ラグビー場(空港グラウンド)」と山内川の間にある土手を歩いて行くと辿り着きました。 付近に駐車場はありませんでした。

一ツ葉有料道路に最も近い位置にあるのが、通称「5号掩体壕」です。 後ろから見ると、草木が生い茂っており、モコモコとした小山のように見えます。
正面に回ろうと思いましたが、鉄作が張り巡らされていました。周囲は田畑で、近寄る事は出来ませんでした。 掩体壕の横には、説明用の案内板が立っていますが、雑草が生い茂っていて、折角の説明写真などが見えない状態でした。 案内板には、「柵の外から自由に見学できます」と書かれていますが、雑草のせいで自由に見学できない・・・

【 掩体壕〜小型機用〜 】
掩体壕とは戦争における敵からの爆撃や砲撃・銃撃などの破壊行動より、味方の装備(航空機・車両)や物資 及び人員等を守るために、それらを覆ったり・囲ったりする目的で作られた物です。
コンクリートや土嚢・土塀・ドラム缶に土を詰めたもの等で造られ、旧海軍宮崎基地(現宮崎空港)周辺にも、 大型機用・小型機用あわせて50数基のえんたいごうが造られました。
掩体壕は大きく分けて有蓋掩体(屋根があります)と、無蓋掩体(屋根がありません)の二種類があります。
有蓋掩体はコンクリート製のかまぼこ型で飛行機を完全に覆う強固な作りになっています。 無蓋掩体は土を盛り上げて作った土塀で飛行機を囲っただけで、コンクリート製の有蓋掩体と比べると 防御力の面で著しく劣るのですが、作る手間と資材・時間は大幅に削減されます。
宮崎基地の掩体壕の約7割は無蓋掩体でした。 宮崎基地は主に陸上攻撃機(中型の爆撃機)を運用する基地であったので、 小型機用の掩体は5基のみ、残りは全て大型機用の掩体でした。
戦後、土を盛っただけの無蓋掩体は早くに取り壊されましたが、コンクリート製の有蓋掩体は、 その堅固さから現在も6基(ここにある小型3基と本郷地区に残る大型3基)が ほぼ完全な状態で残っています。(他には1基が半壊状態です)。 これは全国的に見ても珍しい例で、早急かつ恒久的な保存が望まれます。
[ 現地案内板より転記 ]


 ▲ 通称「5号掩体壕」

 ▲ 右から、通称「5号掩体壕」「6号掩体壕」
page top 
3基の掩体壕のうち、真ん中に位置する通称「6号掩体壕」。 周囲は民間の田畑なので、遠景からの撮影です。
開口部が凸方に造られており、典型的な海軍型の掩体壕です。


 ▲ 田んぼの中にある通称「6号掩体壕」

 ▲ 通称「6号掩体壕」


 ▲ 通称「6号掩体壕」


 ▲ 通称「6号掩体壕」と奥に一ツ葉有料道路が見える


 ▲ 左側:「5号掩体壕」、右側:「6号掩体壕」
page top 
3基の掩体壕のうち、一番滑走路に近いのが通称「7号掩体壕」。
田畑と空港の敷地を仕切るフェンス沿いの畦道を通って、掩体壕の近くまで、また前方から見える位置まで 行くことができますが、掩体壕の周囲に草木が生い茂っていて、全体の輪郭を見ることはできませんでした。 この掩体壕は、国土交通省所有であり、土地の周りに鉄柵が設けられています。
見える範囲で確認する限り、かなりの破損がある様です。 他の2基と違って凸型が見えませんが、壕の全面の左側が見えたので良く見ると、 どうやら凸型の上部の方が破損して欠落しているのではないかな〜と思いました。


 ▲ 国土交通省所有である通称「7号掩体壕」

 ▲ 国土交通省の管理用地内にある通称「7号掩体壕」


 ▲ 前面のコンクリートは壊れているみたい

 ▲ 国土交通省の管理用地内にある通称「7号掩体壕」

 ▲ 左側:「6号掩体壕」、右側:「7号掩体壕」

page top 
宮崎市のお宿 宮崎市近郊関連商品 information
ANAホリデイインリゾート宮崎
宮崎・青島パームビーチホテルは2013年7月16日生まれ変わりました。 いまなら8月31日までの期間限定でリニューアルしたばかりの最上階プレミアツインルームを、特典付きの1泊朝食付き10,000円(1名様)〜からのリブランド記念価格でご宿泊頂けます!
ガーデンテラス宮崎
静寂の中に佇む凛とした空間 竹林が奏でるシンフォニー。 駅からほど近い立地からは想像がつかない程の静寂の中に佇むラグジュアリーホテル。 世界的建築家・隈研吾氏によりデザインされた周囲の環境と風景に調和した空間。
茶菓心谷清栄堂
まわりの生地がほろほろな感触と、中のチーズがしっとり美味しい♪ このクッキー生地の『チーズまんじゅう』、宮崎のお菓子屋に行けば、10店10色のチーズ饅頭に出会えます。その中でも「特に美味しい!」と、地元宮崎でも大好評なのがここのチーズ饅頭です。
マンゴーチーズケーキ
生クリームマンゴーレアチーズケーキ ☆絶品の贅沢スイーツ☆ 宮崎県MIROILオリジナル
トクー!
会員制だからこそできる、すべての中間マージンをカットした「卸値販売」だからどこよりも安く宿泊可能! 全国の上質な旅館・ホテルの【最低価格保証】はもとより、他社最低価格の60%オフで購入できる「トクー!ポン」や、ただで宿泊して109円貰えちゃう「マイナストクー!市」、安すぎて価格をお見せできない「シークレットプラン」など、どこよりもお得に泊まれるプランが目白押し! 京都・伊豆・箱根など人気観光スポットや温泉地の上質な旅館やリゾートホテル、ビジネス・シティホテルなど、宿泊予約がどこよりも格安!
旧海軍赤江飛行場の掩体壕 DATA
住所宮崎県宮崎市大字田吉
電話番号
公式HP
備考
近隣 SPOT 関連 LINK

BACK    HOME    PAGE TOP
last visited : 2018/09/19