多久聖廟 
多久聖廟
佐賀県多久市にある、 儒学の祖で学問の神様ともいえる孔子を祀る孔子廟です。 多久家の四代領主多久茂文(たくしげふみ)が孔子像、四配(しはい)(顔子、曽子、子思子、孟子)を祀る廟として建てたもので、 宝永5年(1708年)の竣工です。
建築様式は、禅宗様仏堂形式と日本の代表的もので、彫刻や文様で中国的な雰囲気を出しています。 中国の故事に習って、北に山を負い、南に仰高門(ぎょうこうもん)をかまえ、門の前には池をつくっています。
昭和8年には当時の国宝に指定され、昭和25年に国の重要文化財に指定されました。
春と秋には聖廟釈菜(せいびょうせきさい)が催され、釈菜終了後、廟内の一般拝観ができます。

多久聖廟周辺は公園化されていて、 東原庠舎、聖廟展示館、孔子石像、多久茂文像、物産館などがあります。


学問の神と称えられる中国春秋時代の孔子を祀ったところです。
宝永五年(1708)多久家四代領主多久茂文が文運教化をはかるために建てました。
祀られている孔子像は青銅で、京都の儒学者中村タ斎の指導のもとに鋳造され、傍らに四哲といわれる 四人の弟子、顔子、曽子、子思子、孟子も祀ってあります。
創建に当たっては、佐賀藩の儒学者武富咸亮を相談役とし、多久安成(家老)、 河浪自安(東原庠舎教授)、鶴田省庵ら多久領内の多くの人々が力をつくしました。
中国建築様式をとり入れようと努力した跡が、多く残っています。
創建以来続いている春秋二回の釈菜(せきさい)は、祭官が深衣(しんい)という中国の儒者の服を着て、 今でも中国式に行われています。
建物は昭和25年8月29日、国の重要文化財に指定、昭和32年6月18日聖龕(厨子)も追加指定されました。
【現地案内より転記】



page top 

page top 

 ▲ 多久家四代領主多久茂文像


 ▲ 孔子石像

 ▲ 聖廟展示館

東原庠舎(とうげんしょうしゃ)
東原庠舎は、多久第四代邑主 多久茂文が建てた学問所です。東原は地名で、庠舎は学校を意味します。
茂文は元禄5年(1692)、佐賀藩主鍋島綱茂から学問所の額を下府され、佐賀の儒学者川浪自安を教授として 多久に招聘し、学問所の基礎を築き、次第に学舎を整えました。
江戸時代、武士によって建てられた学校のほとんどは、武士の子弟教育を行うためのものでしたが、 東原庠舎では農民や弔問の指定も学ぶことができました。
東原庠舎での授業は、儒学をはじめ和学、農学、礼法、武術など幅広く行われました。 武士の子弟は8歳で入学、25歳で卒業し、一定の地位を修得することが義務付けられていました。 また、寄宿制度もあり、3つの分校が設置されていました。
東原庠舎から多くの人材が育ち、なかでも儒学者 草場佩川、草場船山、日本電気工学の父・志田林三郎、 刑法学者・鶴田斗南、実業家・高取伊好などが知られています。
現在の東原庠舎は、茂文の建学の精神を受け継ぐ目的で建てたものです。
平成4年5月、天皇、皇后両陛下は行幸啓の折、この庠舎でご休憩になられ多久聖廟もご覧になられました。  【現地案内より転記】

 ▲ 東原庠舎(とうげんしょうしゃ)

 ▲ 孔子石像

 ▲ 東原庠舎(とうげんしょうしゃ)
page top 
多久市近郊のお宿 多久市関連商品 information
多久シティホテル松屋
JR多久駅から徒歩10分、長崎自動車道多久インターからは車で5分の距離で便利なホテル。リーズナブルな定食付きプランからクオカードやポイント10%プランが揃いビジネス宿としても利用頂いております。
旅館 天山荘
ビジネス・スポーツ合宿・観光などに最適のお宿です♪バルーン大会などで満室の場合は、隣町の別館「小城温泉開泉閣」をご利用いただけます。
多久市温州みかん
『今が旬の厳選果実をお届け致します♪』  特秀限定 多久ブランド プレミアム みかん。 5キロ 化粧箱 ML 佐賀県多久市産
佐賀牛サーロインステーキ
全国でも有数のブランドとして定評のある『佐賀牛』。その中でもきめが細かく、柔らかく最高の肉質のサーロイン。ジューシーで舌にとろける柔らかさ、、、まさに逸品です。お肉の味を存分に味わうためにシンプルに塩コショウのみで味付けし、お好みでレモンやわさびでお召し上がりください。2枚セットでお得になります。
エルセーヌ
合計マイナス8cmやせる体験キャンペーン【エルセーヌ】 ウエスト・ヒップ・下半身をまとめて細く! キレイになりたいあなたを応援いたします。
多久聖廟 DATA
住所佐賀県多久市多久町1843-3
TEL0952-75-5112
HPhttp://www.ko-sinosato.com
近隣 SPOT 関連 LINK
BACK    HOME    PAGE TOP
last visited : 2014/08/17