高千穂観光物産館 トンネルの駅 

 ▲
高千穂観光物産館 トンネルの駅
宮崎県西臼杵郡高千穂町を走る国道325号沿いに、SLと赤い列車が並んで飾られた「トンネルの駅」という観光物産館があったので、 立寄ってみました。

“とっつぁんはえらい” のキャッチフレーズで知られる麦焼酎『ひむかのくろうま』を主力商品とする 「神楽酒造」の施設で、旧国鉄路線として掘られたトンネルを利用した原酒貯蔵庫と、 神楽酒造の焼酎をはじめ、高千穂や宮崎県内の土産物を販売する物産館があります。
国道沿いにある赤い列車は旧高千穂鉄道で走っていたサロンカーで、 レストランとして再利用されています。


  ▲ 右手奥に見えるのがトンネルを利用した原酒貯蔵庫

  ▲ 原酒貯蔵庫入り口
この原酒貯蔵庫として利用されているトンネルは、旧国鉄時代に九州横断鉄道建設の為に掘られたトンネルです。
九州横断鉄道建設の計画は、明治29年に熊本〜延岡間に鉄道を敷こうという議論に始まります。 大正11年には熊本〜延岡間を国定鉄道網として指定、高森線の工事に取りかかりました。 そして戦前に熊本〜高森間は開通、延岡から延ばしてきた高千穂線も昭和47年に高千穂まで完成しました。 後は高千穂から高森までが繋がれば、九州横断鉄道は完成する筈でした。
昭和48年には高千穂新線に着工しましたが、昭和50年に高森側のトンネル工事で大量の地下水が湧き出る事故が発生し、 工事が中断してしまいました。 その高森側の出水事故を起こしたトンネルは、現在「高森湧水トンネル」として観光利用されています。
高千穂側にはすでにトンネル5つ、橋梁17ヶ所が造られていましたが、 そのトンネルのひとつ「葛原トンネル」を2000年(平成11年)に神楽酒造が「トンネルの駅」として開業させました。
トンネルの持つ特性である、1年中温度と湿度が変わらない環境(温度17℃、湿度70%)が 焼酎の貯蔵に適していることから、未開通のトンネルは、「トンネル貯蔵庫」として利用される事になりました。
このトンネル貯蔵庫の内部は、高さ6m、幅4.8m、全長は1115mあり、 樽5000本、かめ1000本、一升瓶100万本が貯蔵されています。
焼酎は長期間貯蔵することにより熟成し、味と香りは、まろやか芳酵となり、一層ハイグレードの焼酎へと育ちます。
この原酒貯蔵庫は見学自由なので、旅の途中に休憩を兼ねて立ち寄ると良いでしょう。

  ▲

  ▲ 天孫降臨の滝。この日は水量が少ない

  ▲ 店内

  ▲ 高千穂周辺マップ

 ▲
page top 
高千穂町のお宿 高千穂町近郊関連商品 information
高千穂 旅館 神仙
伝説と神秘の地―高千穂。お出迎えに始まり、施設とスタッフが一体となった心づくしのおもてなし、季節感溢れる良質素材を使用した懐石料理が評判の宿。 心和む至福のひとときにリピーターも多い。
花旅館 岩戸屋
天岩戸神社の隣に佇む季節の素材を生かした料理が自慢の宿。 天孫降臨の地の真ん中に佇む歴史と風格を兼ね備えた宿。一年のお祓いをして、お互いに健やかなことを喜び合う。そんな旅はいかかでしょうか、畳張りの館内と季節の素材を生かした料理を御堪能下さい。
金ちゃんの油味噌
高千穂名産【金ちゃんの油味噌1パック】宮崎県天孫降臨の地、高千穂町では有名なあぶらみそ かなちゃんが丹精込めた完全手作り!ご飯との相性抜群!
ひむかのくろうま
自然豊かで霧深い宮崎県高千穂の地で育まれた、国産麦100%の芳醇な焼酎です。原料は、国内産の二条大麦を厳選して使用しています。冷却濾過した原酒をさらに氷点下で冷却濾過するダブル冷却濾過により、ひときわマイルドな味わいが生まれます。
タニタヘルスリンク
TANITAからだカルテSHOP【タニタヘルスリンク】
高千穂観光物産館 トンネルの駅 DATA
住所宮崎県西臼杵郡高千穂町大字下野赤石2221-1
電話番号0982-73-4050
時間
休館日
公式HPhttp://www.kagurashuzo.co.jp/index.php?id=6
備考
近隣 SPOT 関連 LINK
BACK    HOME    PAGE TOP
last visited : 2014/11/24