姫島 
姫島
姫島は大分県の国東半島の北に浮かぶ離島で、東国東郡姫島村という一島一村の、大分県で唯一の村です。 島の長さは東西約7km、南北約4kmで東西に細長い形をしており、 総面積は6.87kuで、人口は2100人余りです。
国東市国見町の伊美港から、フェリー「姫島丸」に乗り、 約20分で約6km程離れた姫島に上陸します。

姫島は離島ですので、漁業が主な主幹産業です。 特に『車えび』が特産品として有名で、2つの潮流がぶつかり合う姫島近海は天然の車えびが多く生息し、 周辺一帯が漁場となっているのに加え、 かつての塩田の跡地で車えびの養殖が行われており、天然・養殖ともに『姫島車えび』としてブランド化されています。

姫島の観光で主要な物は、8月14・15日に行われる「姫島盆踊り」です。 姫島の盆踊りは、鎌倉時代の念仏踊りから発展したものと言われ、 伝統踊り、創作踊りが披露されます。 中でも、北浦地区の子供たちによって踊られるキツネ踊りが有名です。


 ▲ 姫島丸から見た姫島
姫島は、日本列島を春に北上、秋に南下する大型の蝶『アサギマダラ』の飛来地でもあり、 春にはみつけ海岸に、秋には金地区に飛来します。 このアサギマダラの飛来は盆踊りに次ぐ姫島の観光資源であり、より多くの蝶が飛来する春は観光客が多く訪れます。

伝説の島といわれる姫島には、お姫様にまつわるものなど数多くの言い伝えがあり、姫島七不思議 として語り継がれています。
食事処や宿泊施設は、フェリー乗り場周辺に集まっています。 トイレは観光要所の近く、島内のあちこちに整備されていますので心配ないのですが、 食事は気を付けた方が良いですね。
また、小さな島である姫島では、レンタサイクルを借りて島内を1周出来ます。 レンタサイクルはフェリー乗り場の近くに数件あります。 レンタサイクルで風を切って走るのはとても爽快です。
走っていて気付きましたが、信号で引っかかる事がなく、スイスイ快適に走れます。 というのも、島内にある信号はたったの1ヶ所。フェリー乗り場から真正面に見えている信号がそれです。 この信号機は、子供たちに交通ルールを覚えさせる為に設置されたという事です。 いつまでもこんなのんびりした島であって欲しいですね。
島内にバスはなく、2010年より運行を始めた観光タクシーがあります。
フェリー乗り場の正面にある「南浜公園」には、黒曜石が飾られ、 旧村長であり姫島の名誉村民である『藤本熊雄(1911〜1984)』翁の銅像が立っています。

 ▲ お土産として売られているキツネ踊りのお面

 ▲ みつけ海岸のアサギマダラ

 ▲ 七不思議のひとつ、千人堂

 ▲ フェリー乗り場前の食事処。他に数件ある

 ▲ 島内でただひとつの信号機

 ▲ フェリー乗り場前の南浜公園
page top 
国東市のお宿 姫島村関連商品 information
和の宿 割烹 三國屋
旬のとれたて海の幸を豪快に味わう食を満喫する宿。 山と海に囲まれた大分県国見町にある割烹三國屋。大分空港から車で30分、昨年リニューアルした宿。全7室で割烹ならではの味のよさと新鮮な魚介類料理が自慢。
ヴィラ・くにさき
じゃらん
オーシャンビューが自慢のホテル 地元の食材を活かした料理も最高。 大分空港から、車で10分。国東半島の観光に便利。インターネット可能でビジネスにも最適。地元の食材を活かした料理もオススメです。マイクロバスもありますので、団体様のツアーも可能です。(別料金)
姫島かなんど工房
大分姫島の女性4名のグループです。本当に喜んでいただける安心安全な品を丹念に 手作りで作っております。『かなんど』とは ホウボウの仲間でカナガシラという魚がいますが 漢字では「金頭」と書き、一部の地域ではお祝い事(食い初め等)で食べる風習があるようです。 このカナガシラを姫島では「かなんど」と呼び 私たちのグループ名の由来でもあります。
トクー!トラベル
『トクー!トラベル』では、日本全国の旅館・ペンション・ホテルを卸値で販売!無駄な代理店手数料をカットするから、最大99%OFFで宿泊できます!さらに無駄な空室を最後の3日間のみ販売する「直前割引」で空き部屋を最終価格でご提供!毎週水曜開催のトクー!市なら、1泊なんと109円でお泊りいただけます!
るるぶトラベル
るるぶトラベルはJTBグループの国内旅行予約サイトです。 ビジネスからレジャーまでご利用いただける幅広いプランや他社にはない豊富な空室在庫、楽しく便利なコンテンツも豊富! 「るるぶトラベルポイント」、「クチコミ機能」、高級宿・ホテル検索の「STAR COLLECTION」もご用意!
姫島 DATA
住所大分県東国東郡姫島村
公式HP
備考

大きな地図で見る
近隣 SPOT 関連 LINK
BACK    HOME    PAGE TOP
last visited : 2012/06/02