道の駅 坂本 

 ▲ 道の駅 坂本

 ▲ 「道の駅 坂本」より少し下流、国道219号から写す
八代市より人吉方面へ、国道219号を球磨川沿いに走ります。 左の写真は、「道の駅 坂本」やJR肥薩線・坂本駅より少し下流から写したものです。 球磨川の向こうには県道158号と、JR肥薩線の線路が見え、更に奥に見えるのが九州自動車道です。
車窓から球磨川の清流と周りの山々が織りなす素晴らしい景色が望めます。 カーブの連続でなかなか写真を撮る場所がないのが残念なところです。
更に上流、「道の駅 坂本」へと進みます。
道の駅 坂本
「さかもと館」では、坂本町の特産品をはじめ、近隣の土産物や特産品を販売しています。 清流球磨川の鮎や、八代産の晩白柚などがおすすめ商品の様です。 館内にはレストランと情報展示室があります。

道の駅のすぐ裏手は球磨川、その上流に視線を移すと、現在撤去工事中の荒瀬ダムの姿が見えます。 道の駅の駐車場には桜の木が植えられ、その横は子供が遊べる小さな公園になっていますので、 春には球磨川のほとりでのお花見が楽しめそうです。

 ▲ 道の駅 坂本 「さかもと館」

 ▲ 駐車場横に桜の木が植えられている。この奥が球磨川の清流
道の駅から上流1kmの場所には 「荒瀬ダム」があり、現在撤去工事中です。 このダムに関する「球磨川・荒瀬ダム情報展」が八代市主催で行われ、 荒瀬ダム55年の歴史や荒瀬ダム撤去工事概要などが道の駅内に展示されていました。
荒瀬ダムは終戦後の電力供給不足から、1953年(昭和28年)着工、1955年に竣工された、水力発電を目的とした 堤高25mの重力式コンクリートダムです。 2010年3月末で発電を停止し、2012年9月1日に撤去工事が開始されました。

また、坂本町には明治31年〜昭和63年にかけて、製紙会社がありました。 東肥製紙株式会社として操業を開始、その後合併などで名称を度々変更し、 昭和63年に西日本製紙株式会社坂本工場として解散しました。 その産業遺産として安全の鐘などが展示されています。


 ▲ 地域情報展示室とレストラン

 ▲ 上流にある荒瀬ダムの歴史を展示

 ▲ 昭和63年に閉鎖された西日本製紙株式会社の遺産

 ▲ 右手に見えているのが荒瀬ダム

 ▲ 撤去中の荒瀬ダム
page top 
八代市のお宿 熊本県関連商品 information
八代グランドホテル
おもてなしの心と寛ぎの空間で皆様をお迎え致します。 国道3号線沿いでアクセス良好、無料駐車場80台。JR八代駅、中心街ともに車で約2分。 ビジネスやレジャーに最適です。
日奈久温泉不知火ホテル
開湯600年の歴史ある温泉と新鮮な海・山の幸が堪能できる宿。 地元の新鮮な素材を使った手作り会席でおもてなし。 当館オリジナルの「トマトの満月揚げ」はイチオシです♪ また、天然かけ流しの温泉は美人湯としても知られており、お肌すべすべになりますよ♪
とうふのみそ漬
落武者の里に伝わる伝統食 堅めにつくった豆腐をあぶり、味付味噌に漬け込んだチーズのような食感の珍味 テレビでも紹介された人気商品。2〜3ミリにスライスし、お茶漬け・わさび醤油でおつまみ・ドレッシングをかけてサラダでもお召し上がりください。また、5ミリほどにスライスして天ぷら衣をつけ、さっと揚げても大変おいしく召し上がれます。秘密のケンミンSHOWで紹介されました。
T-PRINT
Tポイントが貯まって使える!1枚6円〜のネットプリント利用促進プログラムです。 TプリントではTポイントを使って、写真をプリントできます。 使える:1ポイント=1円 貯まる:100円(税込・値引き後)=1ポイント ※50枚以上のご注文でメール便送料無料です。

道の駅 坂本 DATA
住所熊本県八代市坂本町荒瀬1239-1
電話番号0965-45-2141
営業時間10:00〜17:00(物産館)
10:30〜17:00(レストラン)
休館日12月31日〜1月1日
 物産館:2月、5月、11月に1日づつ
 レストラン:第1・3・5火曜日
公式HP
備考
近隣 SPOT 関連 LINK
BACK    HOME    PAGE TOP
last visited : 2013/03/18